ホーム > お知らせ > 更新情報 > オンラインHDFの導入のお知らせ

オンラインHDFの導入のお知らせ

多摩地域で初めてとなるアーチループを使用する透析用監視装置DCS-200Si(日機装社)を30台導入しました。最大の特徴はこれまでにない至適透析の追求です。

患者様へ洗練したオンラインHDFを提供致します。

(特徴)

①血液量モニター(BVplus・BV計)→体外循環血液量の変化・血液濃縮・バスキュラーアクセスの再循環率を一貫管理します。

②人工血管を利用したバスキュラーアクセス(AVG)の狭窄の早期発見に有用な静的静脈圧のモニタリングを可能にしました。

③標準化透析量(spKt/V)を透析液排液のUV吸光度変化率を連続的に測定し即座に治療へ反映します。

④アーチループによる循環血液量の低減や回路内凝固抑制により抗凝固剤の使用料逓減が見込まれます。

オンラインHDFとは?

血液透析(HD)は1968年に健康保険が適用され現在でも血液透析のゴールドスタンダードです。2012年に健康保険に正式に適用となったのが血液ろ過透析(HDF)です。

利点の多いHDFは急速に普及しました。オンラインHDFの補充液は、血液が濾過器に入る前に注入する方法(前希釈)と濾過器で水分を濾過した後に注入する方法(後希釈)があります。わが国のオンラインHDFでは前者、欧米では後者が一般的です。

(効果・利点)

①皮膚掻痒症(透析掻痒)

②食欲改善

③透析困難症の是正(透析低血圧の防止効果)

④レストレスレッグ症候群(ムズムズ症候群)

⑤睡眠障害・易刺激性(イライラ)

⑥慢性貧血の改善(エリスロポエチン製剤の減量)

⑦除去効率の増加(アミロイドなど)