ホーム > 部門紹介 > 医師紹介

医師紹介

院長

超高齢化社会になりつつある現代では特に慢性疾患、高齢者医療を中心とした療養型病院の役割が重要になってきています。

当院は平成25年に開院した最新の設備を備えた入院ベッド180床、透析ベッド36床の医療療養型病院です。
急性期治療後の療養に時間がかかる方、自宅では療養が困難な方、リハビリテーションを必要としている方々の急性期病院の後方の担い手として、さらに地域の皆様に信頼される医療を提供し地域医療に貢献できるような病院を目指しています。
また、人工透析治療にも取り組んでおり外来(通院)透析とともに入院透析にも力を入れており、当院には80人以上の患者様が入院して人工透析を受けていらっしゃいます。入院して透析を受けれる施設はまだ少なく、ニーズに応えられるように設備を整え技術のあるスタッフを揃えて、常に新しい技術と知識の習得に努めて、透析患者様をお受け入れしております。

ご入院されるご本人様やご家族様に安心し、納得してもらえる治療効果はもちろん、経済的効果を考えた合理的な満足度の高い医療・看護・介護・リハビリテーションの提供を心掛けているとともに、人権を尊重し思いやりのある患者様中心の安全・安心な医療、また保健・福祉と連携した医療を行い、大切な人を心を込めてお世話する施設を目指しております。

略歴

昭和49年
弘前大学医学部卒業
東京大学医学部泌尿器科学教室入局

昭和57年
青梅市立総合病院 泌尿器科医長

昭和60年
東京都立豊島病院 泌尿器科医長

平成元年
独立行政法人労働者健康安全機構 関東労災病院 泌尿器科部長

(平成9~11年 東京大学医学部 非常勤講師 兼務)

平成20年
屋久島町立口永良部へき出張診療所 所長

平成27年
医療法人社団 野村会 昭和の杜病院 院長

資格

医学博士   泌尿器科専門医  温泉療法医
認定産業医  日本職業災害医学会評議員

副院長

透析を受けている患者様は毎日、毎日、食事管理、水分管理、生活環境の自己管理に追われています。そこで私やスタッフは患者様お1人お1人の病状だけでなく、心の問題や家庭問題などを含むトータル的な援助やアドバイスもさせていただいており、患者様が明るく、快適な生活を送って頂ける様に日々、努力しています。ご自分だけでくよくよ考えないで、気軽に相談していただければ幸いです。

略歴

吉澤 信行

昭和40年
日本大学医学部卒業

平成8年
防衛医科大学校教授

平成18年
防衛医科大学校名誉教授

平成25年
昭和の杜病院 副院長

日本内科学会認定医
日本腎臓学会専門医
日本透析医学会会員
瑞宝小綬章受賞(平成24年)

透析センター長

当院透析センターでは、36床のベッド、午前午後の2クール体制で、通院(外来)および入院透析を行っています。

入院透析では当院に併設されたリハビリ施設を最大限活用しつつ、在宅復帰を支援します。また「がん」「非がん」に関わらず、回復を見込めない方・在宅通院が困難な方・諸所の事情で自宅での生活が困難な方も積極的に受け入れております。

患者様だけでなく、ご家族の精神的ケアを含めてQOLを重視した全人的な対応を心がけております。

透析センター長 大森 圭

略歴

平成14年
昭和大学医学部卒業
昭和大学泌尿器科教室入局

平成15年
災害医療センター 泌尿器科

平成19年
医学博士

平成22年
聖隷横浜病院 泌尿器科医長

平成23年
医療法人 五星会 菊名記念病院 泌尿器科医長

平成27年~
昭和大学江東豊洲病院 泌尿器科 兼任講師

令和1年
昭和の杜病院 入職

令和2年
昭和の杜病院 透析センター長

資格

医学博士
日本透析医学会 専門医
日本泌尿器科学会 専門医・指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本ストーマ・排泄リハ学会 ストーマ認定士
身体障害者認定医(東京都)