ホーム > 部門紹介 > 薬剤科

薬剤科

薬剤科は患者様に対して、量や飲み方・飲み合わせのご説明を行い、お薬を安心してお使い頂けるよう努めています。また、お薬についてやお薬そのものに限らず、ご不明な点やご相談がありましたら、お気楽にお問い合わせください。

業務内容

  • 入院患者様のお薬の管理
  • 入院患者様の注射薬の準備
  • 院内感染予防対策
  • 栄養管理
  • 褥瘡対策
  • 医薬品情報の収集と提供
  • 服薬指導※1

※1 一人一人の患者様が使用しているお薬について、効き目や飲み方をお話しして、お薬の効果検討

ポリファーマシー

ポリファーマシーとはお薬の多剤併用のことです。高齢になるほど、飲んでいるお薬の種類が多くなり、有害事象が増える傾向があります。
有害事象とは、意識障害・低血糖・肝機能障害・腎機能障害・ふらつき・転倒などがあげられます。当院では、入院時に持参されたお薬、および入院時に処方されたお薬の効果や副作用をチェックし、スタッフ間で情報共有しながら服用しているお薬を見直し、処方医へフィードバッグして必要性が低くなったお薬を減らせるように取り組んでいます。