検査室

臨床検査科の検査項目は、検体検査(血液検査、尿検査等)と、患者さんと直接接しながら検査を行う生理検査(心電図、呼吸機能検査等)に分けられます。

検査から得られたデータは、診療や治療方針の決定など患者さんの診療に大きく反映されています。
私たち臨床検査技師は、正確で迅速な検査結果報告ができるように心がけております。

検体検査

血液検査

自動血球計算装置を用いて血液中の細胞を測定します。
○白血球 → 細菌・ウイルス感染、炎症
○赤血球・ヘモグロビン濃度 → 貧血
○血小板 → 出血傾向

生化学検査

電解質 ・ 血液ガス ・ 血糖 ・ HbA1c ・ 感染症など
緊急で必要な検査を行うことができます。

尿検査

尿は、健康状態を確かめる為に必要な指標になります。
尿中に排泄された糖・蛋白・潜血反応の定性検査と、顕微鏡で有形成分を観察し、血球・上皮細胞・細菌などの検査を行います。

生理検査

心電図

胸部・手首・足首に電極を取りつけ、電気信号を波形として記録して心臓の動き・働きを検査します。
この検査で、不整脈・心筋梗塞・狭心症・心肥大などがわかります。

呼吸機能検査

肺から出入りする空気の量などを測定して、肺の働きをみる検査です。
肺活量と努力性肺活量検査があります。
呼吸器疾患の重症度を調べることができます。

血圧脈波検査(ABI)

動脈硬化性疾患の早期診断のための指標になります。
高血圧・高脂血症・心筋梗塞・糖尿病等の動脈硬化の進展を推進します。
動脈の詰まり、動脈の硬さ、動脈の狭窄がわかります。

主な検査機器

■スパイロメーター
日本光電  HI-205T
■全自動血球計数器
■オージオメーター
ヤガミ  YAM-1
■血圧脈波検査装置(ABI)
オムロン  BP-203
■心電計
日本光電  ECG-1450 ECG-2320

 

PAGETOP