薬剤科

こんにちは、薬剤科です。

薬剤科には現在、薬剤師が3名おります。
当院の外来では原則として院外処方です。
受け取った処方箋は、かかりつけの調剤薬局におもちください。

病院薬剤師の仕事は、第一にもちろん処方箋に沿った調剤です。
他にも薬剤師はこんなことをしています。
・入院患者さんの薬の管理
・入院患者さんの注射薬の準備
・院内医療安全管理
・院内感染予防対策
・医薬品情報の収集と提供
・服薬指導
→一人一人の患者さんが使用しているお薬について
効き目や飲み方をお話して、お薬の効果を検討しています。

お薬は使用するご本人が、ちゃんとわかって使用した方がずっと効果的です。
「薬剤師はカウンセラー」とも云います。
お薬について、またお薬そのものに限らず、何かご相談があれば、
ご遠慮なく、私たちにお話ください。

「お薬手帳」をお持ちですか?

ご自分が今使っている薬について、名前と飲み方を正しく覚えていますか?
「お薬手帳」はとても便利なツールです。
東日本大震災でも「お薬手帳」がクローズアップされました。
あなたと、医療従事者とで、あなたのお薬情報を共有するものです。
色の異なる「お薬手帳」を何冊も持っていませんか?
一つの医療機関ごとに1冊ではありません。
「あなたに1冊」です。
どちらの医療機関を受診されるときも、
また、処方箋を調剤薬局に出すときも、必ず「お薬手帳」を見せてください。
「お薬手帳」を見せることによって、
複数の医療機関で同じ効き目のお薬が出されていたり、
また、飲み合わせに注意が必要なお薬があれば、必要に応じてお薬の変更を提案できます。

PAGETOP